NWやDBと組み合わせて効果倍増!
求人需要バツグンの人気資格SC

試験日と準備に必要な期間

試験は、春と秋の年2回実施されていて、4月第3日曜日と10月第3日曜日です。合格率は13.8%程度で、資格取得にかかる平均的な準備期間は3カ月程度と言われています。

具体的な勉強方法は、過去問題集などの書籍を購入して勉強するのが基本ですが、不安な場合やより高い確率で合格したいなら、通信講座やスクールで講師に質問をしたり個別のアドバイスをもらうのも手です。

年に2回試験があるとは言え、できるだけ早くキャリアアップするためには、しっかりと準備を整えて1発でパスしたいものですね。

推奨される学習方法

過去問題集や市販の参考書を購入して勉強するのが基本ですが、独学よりも不明な点をすぐに質問できる環境があると安心です。2chや掲示板で質問もできますが、時間がかかるうえに回答への信憑性の面でも疑問が残りますよね。

iTEC NW

仕事をしながら資格取得を目指す場合、iTECの「e-BL (eベースドラーニング)」が専門性が高く、お勧めです。

繰り返し学習できる教材のほか、専用のウェブサイトで質問できる点も心強いポイント。また、成績や進捗管理用の個人ページも用意されています(サンプルページ)。

iTECではこれ以外にも、「通信添削講座」や「学習用メルマガ」、模擬テストセミナーの開催なども行っているので、必要に応じて利用すると便利です(なお、2010年度の受付は3月から始まります)。

⇒ iTECのSC特集ページはこちら

需要が高く転職・転職に有利

情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)は、いわゆるセキュリティーの専門家を認定する国家試験です。企業内でのセキュリティー対策に必須の情報セキュリティスペシャリストの資格の需要は今後も高まると予想される国家資格です。

資格の取得前に気を付けたいのは、当然ですが「セキュリティーの話はネットワークありき」なので、実際の求人の際には、ネットワークスペシャリストと抱き合わせで効果を発揮するという意見もあるようです。

また、求人サイトで条件を閲覧してみるとデータベーススペシャリストとの組み合わせて効果を発揮するのではないかと思われる求人案件もあります。

ちなみに、どの資格を取得したらいいのか迷う場合には、無料のキャリアアップのコンサルを受けてみるのも有効です。近所の専門スクールで相談してみれば、効率的な勉強方法と合わせてアドバイスしてもらえる場合もあるようですね。

近所のスクールの資料を取り寄せるなら
仕事と資格.net

リクルートの運営する仕事と資格のポータルサイト。仕事の内容/待遇と対応する資格をまとめて確認できるので便利です。資格に応じて近所のスクール案内もありますよ。

⇒ 公式サイト


デジタルコンテンツで資格試験対策
仕事と資格.net

8つの学習用コンテンツで資格取得に向けた学習ができるソフト。デジタル化された教科書のほか、出題分野で重なる平成13〜20年、過去8年ぶんの元初級シスアド試験の過去問題を収録。

⇒ 公式サイト


定番の対策参考書

国家試験である「情報処理技術者試験」の学習参考書です。受験セミナーの人気講師や第一線で活躍する現役技術者など、各分野のエキスパートが合格に必要なポイントを押さえて執筆しており、効率よく学習することができます。知識解説に加えて、過去問題を中心とした問題演習を丁寧な解説とともに掲載しているため、実戦力を効果的に身につけることができます。

⇒ アマゾン


無料のキャリアアップコンサルなら
仕事と資格.net

IT系エンジニアの転職は不況下では数少ない売り手市場で、人材紹介業者でも個別にコンサルを受け付けてくれていますので利用すると便利です。

⇒ 公式サイト


願書、シラバス、サンプルなどの入手
仕事と資格.net

情報処理技術者試験の実施元団体である独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)の公式ウェブサイト内に設置された試験情報の特集ページです。

⇒ 公式サイト


平成20年度までは開発者側の立場としてのスキルを験するテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験が春期に、利用者側の立場としてのスキルを験する情報セキュリティアドミニストレータ試験が秋期に実施されていたが、平成21年度から二者を統合したスキルレベル4の高度情報処理技術者試験として実施される。 試験 [編集] 試験は春期と秋期の年2回行われる。試験申請に当たり、年齢や実務経歴等による受験制限は設けられていない。 マークシートによる多肢選択式の午前I及び午前II・記述式の午後I・午後IIに分けて行われる。 新試験制度後における初の試験となった2009年春期試験の合格率は、16.0%であった。[by wikipedia]